記事の詳細

[PR]



レスターマフレズ
(photo/gettyimages)

4月9日に行われたアウェーでのサンダーランド戦 ジェイミー・ヴァーディの2ゴールで快勝し、
今シーズンの勝ち点を72まで伸ばしたレスター・シティ。

今回は奇跡の快進撃を続けるミラクルレスターの最短優勝日と、優勝争いを繰り広げるライバルチームの
残りの対戦カードをまとめてみました。

1.33節終了時点の順位表と優勝争い

1.レスター・シティ(72/+26)
2.トッテナム(65/+35)
3.アーセナル(59/+22)
4.マンチェスター・シティ(57/+25) 
5.マンチェスター・ユナイテッド(53/+9)
※()内は勝ち点と得失点差

残り試合数5のレスターとトッテナムを、残り6試合のアーセナル、シティ、ユナイテッドが
追いかける展開となっています。
しかしながら、ユナイテッドは残り6試合に全勝しても勝ち点71で現在のレスターに届かない為、
今シーズンの優勝の可能性はなくなりました。
それと同時にレスターのチャンピオンズリーグ出場が確定したことになります。

併せて4位のマンチェスターシティも全勝しても勝ち点75の為、実質的に
優勝争いはレスター、トッテナム、アーセナルの3チームに絞られたといっていいでしょう。

2.3チームの今後の対戦スケジュールは?

(レスター・シティ)
34節 4月17日(H) vsウエストハム・ユナイテッド
35節 4月24日(H) vsスウォンジー・シティ
36節 5月1日(A)  vsマンチェスター・ユナイテッド
37節 5月7日(H) vsエヴァートン
38節 5月15日(A) vsチェルシー

(トッテナム・ホットスパー)
34節 4月18日(A) vsストーク・シティ
35節 4月25日(H) vsウエスト・ブロムウィッチ・アルビオン
36節 5月2日(A)  vsチェルシー
37節 5月8日(H) vsサウザンプトン
38節 5月15日(A) vsニューカッスル・ユナイテッド

(アーセナル)
34節 4月17日(H) vsクリスタル・パレス
30節 4月21日(H) vsウエスト・ブロムウィッチ・アルビオン
35節 4月24日(A) vsサンダーランド
36節 4月30日(H)  vsノーウィッチ・シティ
37節 5月8日(A) vsマンチェスター・シティ
38節 5月15日(H) vアストン・ヴィラ




3.レスターの最短優勝日はいつ?

首位レスターと2位トッテナムの勝ち点差は7。3位アーセナルとの勝ち点差は13開いています。
次節、レスターが勝ちトッテナムが負けてしまうとその勝ち点差は10まで開いてしまいますが、
残り4試合あるため、次節ではまだ優勝は決定しません。
しかし、35節レスターがスウォンジーに勝利し勝ち点を78まで伸ばすとトッテナムとの勝ち点は
13まで開き、トッテナムがウエスト・ブロムウィッチに勝利を収めても残り3試合で勝ち点差10が
逆転できない為、レスターの優勝が確定します。

つまり35節が行われる4月24日-25日がレスターの最短優勝日という事になります。

4.35節にレスターの優勝が確定する勝敗パターン

(レスター)
34/35節を連勝→他チームの結果に関わらず優勝決定
34/35節を1勝1分→トッテナムが連敗もしくは1分1敗、アーセナルが30節を含む3試合を2勝1分以下。

5.まとめ

いかがでしょうか?次節34節のウエストハム戦で勝利を収めれば
優勝がかなり確実になってくるレスター・シティ。
[100年に一度の奇跡]とも言われるその大偉業を目の当たりにできるチャンスです。
週末を楽しみにしながら岡崎選手とレスター・シティを応援したいと思います。

[PR]

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る