記事の詳細

(PR)



lucaslima
(photo/getty images)

2015年11月13日に行われた2018年ワールドカップ南米予選・アルゼンチン戦で代表初ゴールを飾ったルーカス・リマ。
FCバルセロナやレアル・マドリードといったビッグクラブも注目する同選手についてまとめてみました。

名前:ルーカス・リマ(Lucas Lima)
国籍:ブラジル・サンパウロ州
ポジション:MF
身長/体重:175cm/70kg
生年月日:1990年7月9日

2010-2012:AAインテルナシオナル(ブラジル)
2012-2013:SCインテルナシオナル(ブラジル)
2013:スポルチ・レシフェ(loan)(ブラジル)
2014-2016:サントスFC(ブラジル)

(PR)



かつて移籍先にACミランも浮上したほどの同選手。
2017年までサントスとの契約を残し、6000万ユーロもの移籍金が設定されていることからも
リマ選手への期待の大きさが伺えます。

2018年ロシアW杯南米予選で現在3位につける王国ブラジル。
本大会への出場は4(最大で5)となっており、リマ選手の活躍でブラジル代表をワールドカップ出場へと
導いてほしいですね。

(PR)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る