記事の詳細

(PR)



スペイン代表の年代別代表で中心選手として活躍し、「スペイン代表の未来」「シャビ&イニエスタの後継者」とも言われる
オリベル・トーレス。
これまでのキャリアをまとめてみました。

オリベル・トーレス・ムニョス(Oliver Torres Munoz)
出身:スペイン エストレマドゥーラ州 カセレス県
生年月日:1994年11月10日
ポジション:MF

(PR)



2008年夏、13歳の時にアトレティコ・マドリードの下部組織に加入。
2012-2013シーズン レバンテUD戦でプロデビューを果たす。
2013年11月10日に行われたチャンピオンズリーグのグループステージ FCポルト戦でチャンピンオンズリーグデビュー。
アトレティコ・マドリード史上4番目の若さでのCLデビューであった。
2013年のゴールデンボーイ賞にノミネートされる(受賞はユベントスのポール・ポグバ)
2014年1月、出場機会を求めてビジャレアルCFへローン移籍。 シーズン途中の移籍にも関わらず9試合に出場する。
2014年7月、シーズン終了までのローンでポルトガルのプリメイラ・リーガに所属するFCポルトへ移籍。
FCポルトでは26試合に出場し、7ゴールをあげる活躍をみせ、2年連続でゴールデンボーイ賞にノミネートされる
(受賞はリバプールのラヒーム・スターリング)

レンタル先のポルトでの活躍が認められ、2015-2016シーズンにアトレティコ・マドリードへ復帰。
FCバルセロナへ移籍したアルダ・トゥランが付けていた背番号10を与えられるなど、ディエゴ・シメオネ監督の期待の
高さがうかがえる。

スペインの至宝!オリベル・トーレスのSkills&Goals

オリベルトーレス選手が活躍する海外サッカー観るならスカパー!で
(PR)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


<スポンサードリンク>
ページ上部へ戻る